女の転職者が気を付けるべきこと

女の転職者が、女の多い職場に転職するときに気をつけることがあります。
たまに見かけることがありますが、気に入らない先輩には、歯向かうかのような
若手女子社員がいます。
こういう態度は、あとでしっぺ返しを食らうことは確実なので、
自分より年上の女には懐くかのようなテクニックを身につけておくと良いです。
嘘でも良いから従順のふりだけでもしておきましょう。
若手女子社員は、その先輩に対して何らかのポイントがあって、気に入らない先輩を
馬鹿にするなどふざけた態度を取るわけです。
ですが、こういう行為は危険行為なので絶対に控えておくことが無難です。
自分が相手を簡単に見積もっても、自分の方が年下であらゆることに経験が浅いという
自覚を持つべきです。
勝気な性格の方は、このことをよく心して転職しましょう。
いくら強気だといっても、相手の方が仕事の経験もスキルもずっと上です。
会社のことをよく知っているのも先輩の方です。
個人的感情から敵対心を抱き、ふざけた態度をとっているといつしっぺ返しを食らうか
わかったものではありません。


先輩や上司は、仕事経験や人生経験など場数が違います。
足元をすくわれないように、教えを乞う立場である自覚を持つことが
順調なスタートを切れるコツになります。
男の嫉妬も相当怖いものがありますが、女の嫉妬も怖いものがあります。
世間一般論では、仕事の嫉妬は男の方が恐ろしいという論調がありますが、
最終的に仕事上の嫉妬に関しては、男女の性差はさほど無い場合もあります。
女は尾ひれをつけて話すのが好きなので、仕事の愚痴も仲がいいからといって
ついつい言ってしまわないようにすることが大事です。