転職したい理由を分析することが転職成功へのステップ

まずは転職したい理由を分析してみよう

 なぜあなたは転職したいと思っているのでしょうか。転職したのに、前の職場のほうがよかったと後悔するようでは転職する意味はありません。後悔ない転職のために、まずは自己分析から始めましょう。会社の人間関係が嫌、給料が不満、仕事内容が嫌、勤務条件が嫌、他にやりたい仕事がある。あなたの転職したい理由は当てはまるものがあったでしょうか。

会社の人間関係が嫌な場合

 一番危険な転職理由です。人間関係は実際に入社してみるまでわかりにくく、博打的なものがあります。「人間関係で辞める者は、また人間関係で辞める」とも言われています。人間関係以外の労働条件があなたの希望にあったものなら、その人間関係は我慢ならないものなのか、いつまで続くのか・・などもう1度冷静に考えてみましょう。あなたが転職したすぐ後に、あなたが嫌ってたあの人もすぐに辞めたという話を後から聞くと悔しいものです。

給料が不満な場合

 他の条件がよく働きやすい職場なら冷静に考えてみましょう。給料が高くても長続きしなければ意味がありません。給料も労働条件も完全な職場は滅多にありません。条件に優先順位をつけ、一番重要なものなら、迷わず転職活動をしましょう。

仕事内容や勤務条件が嫌な場合

 嫌なことは入ってみないとわかりにくいものです。面接時によく確認して、可能な限りネットなどでも調べて転職先の仕事内容のイメージを具体的に掴んでから、転職活動をするようにしましょう。残業が多いのが嫌で、労務がしっかりしていて残業がないはずの企業に転職したら、残業がないかわりに家に仕事を持ち帰って長時間労働をするはめになったという話もあります。勤務条件は遠慮せず、面接時によく確認するようにしましょう。

他にやりたい仕事がある場合

 今までの仕事の嫌なところはよくわかっていると思います。今までの仕事のいいところも箇条書きにして、今以上にいい仕事に巡り会えると思ったならば転職活動をしましょう。将来のあなたがどうなっていたいか、ビジョンを明確にして新しい世界に飛び込みましょう。